物語の塗り絵  イソップ童話の塗り絵3
 画像は、1024x768 ですが縮小表示しています。
 


 


265.サルとラクダ

森の動物たちが大きな宴会を催した時、サルが立ち上がって踊った。
その踊りはとても素晴ら しかったので、
サルは中央に座ると、皆からヤンヤの喝采を浴びた。
ラクダはサルが妬ましく、 自分も皆の称賛を勝ち得たいと思って、
次は自分が踊って皆を楽しませようと申し出た。
しかし、 ラクダはひどく不格好に動き回ったので、
皆は激怒して、ラクダを棍棒で叩きのめした。

教訓: 猿真似ほど間抜けなものはない。

タウンゼント版イソップ寓話集より

Copyright (c) クレヨン則さん All rights reserved 則さん写仏の塗り絵 名画の塗り絵