プロフィール

エルンスト クライドルフErnst Kreidolf(1863-1956)は、スイスの絵本作家

ぬりえWebRing
前へ   次へ  ランダム
一覧  参加

クレヨンぬりえ集エルンスト・クライドルフバッタさんのきせつ花を棲みかに絵本からプロフィール
  無料ダウンロードですが、個人の御使用のみでお願いいたします。 
 

1963年 スイス生まれ。
コンスタンツの石版工房でリトグラフの従弟修行後、
ミュンヘンの警察報に指名手配の犯人の似顔絵を描くことで生活費を得て、
ドイツのミュンヘンの工芸学校へてミュンヘン美術大学にて学ぶ。

ドイツ各地で画家として生計を立てていたが、体調崩しアルプスの麓の村で静養生活
アルプスの自然に親しむうちに処女作「花のメルヘン」の構想を得る。
『花のメルヘン』1898
『フィッツェブッツェ』1900
『眠れる木』1901
『くさはらのこびと』1902
『ブンチェック』1904
『昔の子どもの詩』1905
『ちょうちょ』1908
『庭の夢』1911

詩と絵をもとに、1917年にスイスに戻ってからも絵本作りを続けました
『詩画集 花』1920
『アルプスの花物語』1922
『ふゆのはなし』1924
『花を棲みかに』1926
『春のつかい』1926
『犬の祭り』1928
『妖精たち小人たち』1929
『子どものころ』1930
『バッタさんのきせつ』1931

1956年 生涯で25冊の絵本を制作して、永眠。

スポンサード リンク


       
    Copyright (c) クレヨン則さん 2013 All rights reserved 則さん